前へ
次へ

葬儀マナーに従って着々と準備をする

女性が日本の葬儀に出席する場合には葬儀マナーに従って着々と準備をする必要があります。
日本の葬儀マナーの基本的な精神は助け合いです。
葬儀の席でもお互いに助け合って、天国に旅立たれた故人を偲びます。
女性が葬儀に出席する場合に気を付ける点は、足元にもあります。
靴は黒色のパンプスというのが適当であるといわれています。
パンプスでもヒールの高さの高いものは避けましょう。
それから女性は季節に関係なくストッキングを着用しなければなりません。
それは一体なぜなのでしょうか。
それには理由があります。
仏教では女性の素足は不浄のものであると考えられているからです。
ですから女性が素足で葬儀に出席するということは、完全に葬儀マナーに違反するということになります。
女性が葬儀に出席するためには黒色のストッキングを着用しなければなりません。
肌が多少透けて見えるような黒の無地のストッキングでないといけません。
真っ黒で肌が全く見えないようなタイツのようなストッキングは、 葬儀マナー違反となります。

Page Top