前へ
次へ

葬儀の靴は黒と葬儀マナーで定められています

暑い夏や寒い冬にかかわらず、女性が葬儀に出席する際には、必ずストッキングを着用しなければなりません。
その色は黒と葬儀マナーで定められています。
黒でも漆黒はご法度です。
漆黒のストッキングでは、真っ黒なタイツを連想させるからです。
ストッキングは薄い分、伝染しやすいです。
葬儀は比較的長時間に渡ることが多いです。
そんな時に履いていたストッキングが伝線したらどうなるでしょうか。
女性は葬儀に出席する際には、ストッキングが万一伝線しても、すぐにトイレなどで取り替えられるようにしておかなければなりません。
そのためにはストッキングの予備を持っていくのが良いことです。
目立たないように、ハンドバッグの中に予備のストッキングをしのばせましょう。
女性が葬儀に出席する時に着用する靴はパンプスで決まりです。
パンプスでもヒールの高いものは避けなければなりません。
パンプスのヒールの高さは3 CM 程度が理想的です。
このパンプスは布製のものを使用すべきです。
間違っても革製のパンプスを使ってはなりません。
仏教では殺生は固く禁じられているからです。
これは、葬儀マナー違反となります。

Page Top