前へ
次へ

葬儀マナーによると適切なのは布製のパンプス

日本の成人女性が葬儀に出席する際には、特にその履物に注意する必要があります。
葬儀マナーに違反しないようなものでないといけないからです。
葬儀マナーに違反しないような葬儀用の靴とはいったいどのようなものなのでしょうか。
それは黒色のパンプスが基本です。
パンプスには色々種類がありますが、ヒールの高さには気をつけなければなりません。
パンプスのヒールの高さは3 CM から5 CM が適当であると言われています。
パンプスの色は黒が原則です。
ですが黒色でも光沢のあるものは葬儀にふさわしくありません。
それは一体なぜなのでしょうか。
光沢のある黒のパンプスでは、その場の雰囲気を華やかにしてしまう恐れがあるからです。
日本の葬儀で大切なのは、ひっそりと、目立たないようにすることです。
主人公はあくまで天国に旅立たれた故人なのですから。
パンプスの素材ですが、葬儀マナーによると、一番適切なのは布製です。
逆に光沢のあるエナメル素材やスウェード素材などは控えるべきです。
エナメル素材はその場の雰囲気を盛り上げますし、スウェード素材では動物の殺生を連想させるからです。

Page Top