前へ
次へ

葬儀マナーで決められている男性用の靴

男性が葬儀に出席する際に履いていく靴は、葬儀マナーに違反していないかどうかしっかりと確認した後で靴を選ぶのが良いことです。
せっかく天国に旅立たれていた故人を偲ぶために葬儀に駆けつけたのに、非常識な靴のせいで恥をかくのは誰でも嫌なものです。
男性は職場から葬儀の場所に駆けつけることが多いので、常日頃から、そのまま葬儀に出席できるような体制を作っておくのも、大切な心構えの一つです。
間違ってもしてはならないのは、派手派手しい靴を履いて行って、お悔やみのシーンを台無しにしてはならないということです。
男性が葬儀に 出席する際に一番適している靴ですが、それは、光沢のない黒色の内羽根式のものを選ぶべきだと、葬儀マナーで決められています。
外羽根式は戦闘用ブーツがその起源なので絶対に使用してはなりません。
男性が日本で葬儀に出席する際には、内羽根式の黒の光沢のない靴を履いてから葬儀に出席いたしましょう。
内羽根式の方がフォーマルな靴であると言われています。

Page Top